接着芯の貼り方をお教えします★芯の裁断から貼る時の必需品

東京都文京区で洋服のオーダーメイド、洋裁教室、パターンオーダー、量産の仕事なんかをしているクチュールメゾンユリトワです。

オーダーの仕事。ウールのワンピースをお作りします。

接着芯の貼り方


裁断が終わったら芯貼りの作業になります。


今回、使うのはダンレーヌのR222です。
中厚のウールなので、こちらの芯に決めました。

定番の芯です。

もっとド定番なのがこちらのR111です。
R222よりも薄地で使い勝手がいいです。

接着芯の裁断

 


芯の裁断でも方眼付きのカッターマットが便利です。
バイアス(45度)に裁断する時も、矩形を裁断する時もカッターマットの方眼を頼りに切っていきます。

アトリエに3枚あるカッターマットはA1判のオルファの物です。
白地に黒い線が見やすくておススメ。
緑地のの物は線が見にくいです。

勿論ステンレス定規とロータリーカッターも必須です。

私の大好きな1Mのピックアップスケール。字も大きいし適度な重さがあって安定した使い心地です。

OLFAのロータリーカッター。
私はもっぱら28mm刃のこちらを愛用しています。

接着する前にする大事な作業

裁断したらすぐ貼るんではないですよ。
とっても大事な事があります。

生地によっては、ほこりや糸くずが付きやすい物があります。
コロコロで綺麗にして下さい。
芯を貼ってから、糸が挟まってたなんて事ないですか?貼る前に綺麗にしましょう。

実は、コロコロもないと困るアイテムの一つなんです。


こちらも大事な作業!
芯を乗せる前に生地が歪んでないか型紙を乗せてチェックします。
特に、襟や見返しなどの細長いパーツは要注意です。

柔らかい生地は自在に形が動いてしまうので、型紙を乗せて形を整えましょう。

アイロンで圧着


いよいよアイロン接着です。
直接アイロンを当てると糊気が付いてベタベタしちゃうので、クッキングシートを挟んで貼ります。

お料理にも使う普通のクッキングシートです。

クッキングシートもアイロン側と接着芯側と決めておきます。
私は目印として端を折っておきます。
折り目が上向きなのが上(アイロン側)と決めています。

アイロンは滑らせないで、とことこ歩くように。
滑らせて貼ると芯が伸びた状態で貼り付けられて結果的に生地を縮ませてしまいますので注意して下さい。
ノリを溶かすようにじっくり時間を掛けて圧着していきます。

芯貼りは時間が掛かる作業ですね。

ブログ村ランキングに参加中。
↓のミシンをクリックして下さるとランキングアップする仕組みです。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村

インスタグラムではブログで公開してない写真もアップしたりしてます。
フォローして下さる方はこちらからよろしくお願いします⇒yuritoi22

洋裁教室のご案内
月曜日~日曜日 9時~18時
不定休
自由教材でお好きな時間に予約できます。
お問い合わせはこちらから

お仕立てもお気軽にお問い合わせくださいね!⇒ オーダーメイド